2015年07月09日

等価交換

〜 人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない 〜
〜 何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる 〜

有名な某錬金術師マンガでの台詞ですが、まさに今回は正しくそんな話・・・。

・・・。

つーても、そんなたいそうな話でもないんですけどね(笑)

----------

てことで、ツイッターでは若干フライング気味で書いてしまいましたが、
XperiaZ1についての話です。

ここ最近、バッテリー残量が20〜30%くらいあるにも拘らず
突然残量0%までドロップしてしまう現象が出ておりまして、
もう買い替えかいなとググっていました。

どうやら原因はバッテリーの劣化によるものらしいという情報を
探し当てた訳ですが、さてさてここからが分かれ道。

auの何とかパックに入っているので、定額でバッテリー交換まで
出来るのは知っていたんですが、データが消えてしまうのが億劫だという理由で
探し当ててしまった、交換用バッテリーの存在。

もちろんXperiaZ1は防水仕様なので、バッテリーカバーなんてものは無く非分解。
でも、世の中にはいるんですね。
開けちゃ駄目よ、と言われると開けちゃう人が・・・。

私もそんな一人なわけで(笑)、親切丁寧に開け方が書いてある訳ですから
とりあえずやっちゃうんですね。

つーことで

まったく

150708_1.jpg

かん

150708_2.jpg

たん

150708_3.jpg

ということで、開腹完了。

事前に準備したバッテリーと背面パネルに付け替えようと
したんですが、まず一つ目のエラー。

こんなちっちゃいトルクスのドライバなんて持ってねーよということで、
初日はそのままコッソリとカバーが閉じられました(笑)
ねじを外してプラスチックも外さないとバッテリーは交換できんかった・・・。

そいで急遽ドライバを用意した本日、となる訳ですが、二つ目のエラー(;_;)

ねじで止まっているプラスチックも本体に両面テープでがっちりと
付けられているので、テープは再利用不可に・・・。
背面パネルも同じく両面テープなのは知っていたので、替えを用意していた訳ですが、
そこまで調べきれてませんでした。

そして最後のエラー、三つ目ですな。
替えで用意していた背面パネル、見た目等々はまったく同じなんですが、
これは海外仕様のパネルなんでしょうね、モバイルsuicaのチップが付いていない・・・。

150708_4.jpg

ひさしぶりに orz な状況と相成りまして、バッテリーだけ交換して
そっとパネルは閉じられました・・・。

ということで、データが消えることなくバッテリーは新しくなった訳ですが、
引き換えに両面テープは再利用+防水性は無くなる、という本当に等価交換な
顛末でございました・・・。

今回の件で、買い替え時期を早めるフラグを立ててしまったかどうかは
これからの調子次第(^^;
posted by DAY at 00:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勇者の屍の上に歴史は刻まれるのですね(;°Д°)
Posted by 川口 at 2015年07月10日 19:30
これくらいなら、まあ大したこと無いですバイ

エンジン・・・。
Posted by DAY at 2015年07月15日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: