2015年07月30日

モビリオ:ショックアブソーバー交換

てことで、本日も連投!
昨年3月以来の月で8回目の投稿です。>やっぱりこっちが性に合うようです

先日ゲットしたモビリオ純正ショック(新品)の交換のお時間です。
初めてやりますし、さすがにモビリオのショック交換を載せてるページは
見つけることは出来ず探り探りやりましたので、前後で足掛け2日かかってます。
(暑くてペースが上がらない、てものありますけど)

やる前から薄々感づいてはいましたが、鬼門はフロントでした。
これまで、ダブルウィッシュボーンとマルチリンクの車しか触ってきていないもんで、
ストラット自体が初体験なので、良く分からないんですが、
アッパーのネジって、ロッドをそのまま固定してるんですね。
ロッド回るし、固着してるわで、結構大変でした。

リハは逆に簡単すぎて省略w
構造が分かる人なら簡単だと思います。

ここから写真大目です。

まず、フロントアッパーへのアクセスは、バルクヘッドのメクラを外せば行えますが、
外しただけだと狭すぎるので、ここはすんなりと、ワイパー外してバルクヘッドのカバーと
取っ払いましょう。
バルクヘッドのカバーはフロントウィンドウ側が差込のクリップではまってますので、もちろん力技でw

150730_1.jpg

150730_4.jpg

150730_6.jpg

ショック側は見たまんま、ショック側のボルト2本とスタビリンクを外しましょう。
ブレーキラインと配線のクリップは先に外しておきます。

150730_3.jpg

150730_2.jpg

アッパーを外すときは、6mmのヘックスと17mmのメガネを用意しましょう。
メガネは30度オフセットではちょっと足りなかったので、もう少し深い方が
まわしやすいと思います。
ヘックスもソケットタイプを用意していた方がやりやすいかと。
(L字しかなかったのでちょっと苦労した。)
 ※リアは、5mmのヘックスと14mmのメガネ。
  14なのでそんなに力は要りませんでした。

そんなこんなで、上下外れれば、ショックASSYは外れます。
バネも硬くはないので、写真タイプのコンプレッサーで余裕でした。

150730_7.jpg

ここまでばらばらに出来れば、後は新品に組みなおすだけです。

150730_9.jpg

ただ、ベアリングがあるとはつる知らず、注文してなかったのでこいつは再利用。
ハンドル回したときに、回ってくれるやつなんでしょうけど、
本当は交換すべきでしょうね。
ひどいガタは出ていなかったので、目をつぶります。

で、乗り心地の肝になるのがこのブッシュ。

150730_10.jpg

150730_12.jpg

150730_13.jpg

このようにアッパを組んだ後の先端につけるブッシュなんですが、このブッシュがボディ側の
マウントに接触しており、ヘタリが乗り心地の悪化を招く仕様となっています。

150730_14.jpg

これがボディ側。ちょうどブッシュがはまるようになっていました。

ちなみに使用前・使用後の比較。右が当然新品です。

150730_11.jpg

相当つぶれているので、恐らくこいつを新品に換えるだけで、
乗り心地は変わるでしょうね。

リハも形は違えどブッシュマウントなので、リフレッシュの効果は大きいと思います。

150730_15.jpg

で、肝心の乗り心地ですが、モビリオが急にクラウンとかになる訳ではないので、
高級車のようにはなりませんが、段差を越えたときのショックやロールも減って
快適性は回復できたかと。
特に舗装が痛んでいるところでは、大きく乗り味が違いますね(^_^)

ということで、モビリオリフレッシュ計画はひとまず完遂!
posted by DAY at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: